2012年09月24日

住宅用太陽光発電って言葉。 ガレージ・物置が裏手にあった!

こんにちわ。 太陽光発電地域元気度ナンバーワン丸山です。

太陽光を検討中のお客様からウレシイご連絡。


そのお客様はつい先日下見させて頂き
かわら屋根住宅に、ぴったり設置するプランになりました。



「大きなお住まいですが、屋根の形状で4kw前後となりそうですね」
「カクカク設置にならない見た目もキレイに仕上がるプランを作ってまいります!」
とお話をさせて頂いていたお客様。



まだプラン製作中ですが、とりあえずお伺いしますと早速に向かいました。

するとお客様から
「住宅だけじゃなくて、裏にある物置・ガレージにもあわせて乗らないかな?」



DSC_2855-1.jpg






そうなんです。裏にガレージがあって
私も、前回の下見の際にはこっちも結構良さそうだな〜って感じていました。

その場で、ぐいぐい勧めるのも強引な感じがあって、私のスタイルではないので・・・・

次回にうかがった際に、ゆっくりご説明しお話させてもらおうかなと考えていた所でした。


早速に実測させて頂き
「おお!こっちの方が住宅屋根よりもたくさん設置できそうですよ!」
「先日伺った時にも、こっちも設置できそうと思ってみていたんですよ。いいと思いますよ」


するとお客様は
「そっか!それは嬉しいな。こっちはダメかと思っていたよ。ダメもとで聞いてみたんだ」
「せっかくならたくさん発電したいと思っていたんだ。もちろん予算の事もあるんだけどね」と
考えてらっしゃたとの事です


ta_illust_0001.jpg


一般的には「住宅用太陽光発電」と言うってネーミング。

言葉のせいなのか??
倉庫や物置がダメって思っている方が多いですが、そんなことないですよ(^.^)b

色んなケースがあるので一概には言えませんが
おおよそは、家の脇にある物置とか倉庫とか設置できることが多いです。
先日も同様のケースがありました。お客様も大満足!


余剰電力が売電できるので、多く設置したほうが売電しやすくなるのは確かです。

まずは!
こっちもどうかな?と思ったらお気軽にお声かけて下さ〜い♪

シバクサ電器WEBサイトはこちらです。
http://www.shibakusadenki.com/
posted by こーちゃん at 00:36| Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

太陽光発電ってこんな感じでつくんですよ〜♪

朝晩はだいぶ涼しくなってきた長野県北信地方です(^^)

夜うっかり「窓全開」だとお腹壊しちゃうかも(笑)

しかしまだまだ日中の陽射しは真夏!を感じます。
溶けそうになりながらも太陽光発電ハリキって頑張ってます!

屋根のソーラー
あちこちで見るようになりましたね。(^^)b

実際はどんな仕掛けになっているのか?
工事はどんな感じで進むのか?
シバクサ電器は他店と違い、どこがGOODJOB!なのか?

言葉だけじゃわかりにくいですよね。
実際の工事写真と共に見てみましょう。


●下見、設計、シュミレーションは済んでいる設定で工事から解説スタート!
今回はシャープの太陽光発電システムを解説します。


【まずは作業スペースの確保】

何はなくとも! 安全区画!(^^ゞ
PV-001.jpg




【屋根の最終確認】

屋根と太陽光レイアウトが正しいか確認します
重ねて確認することが重要と考えています!
PV-002.jpg





【支持金具の取付】

太陽光パネル(モジュール)を屋根に並べる為の金具です。
これで屋根にしっかり固定します。
今回は瓦の形をした金具を使います。


まずは瓦を取外し補強板を設置
PV-003.jpg


並べてみるとこんな感じ。瓦と同じ大きさです。
取り外した瓦の代わりに取り付けていきます。
太陽光発電と屋根をつなぐ大事な金具の工事です。
PV-004.jpg

取り付けると瓦と一体化。
PV-005.jpg




【架台設置】

パネルを設置する為の金具をレールのように架台を並べて設置します
PV-006.jpg





【太陽光パネルの設置】

いよいよ太陽光パネル(太陽光モジュールと言います)の設置
皆さまが一番よく目にするアレです♪(*^_^*)
PV-007.jpg





【配線をおろします】
極力、目立たないように配線します。
美観も機能のひとつ。出来る限り隠蔽で配線します。

配管色も使い分ける心遣いを大切にしています。(*^^)v

PV-008.jpg





【屋根裏の配線】

屋根裏を通らない場合もありますが
今回は屋根裏を南から北へ向かって隠蔽配線できたので美観もGOOD!
もちろん屋根裏だからと手を抜かないのは当たり前です!

見えない場所でもキチンとしたいと、暑い屋根裏サウナで格闘です(笑)
夏は少々厳しいでございます〜(^_^;)

PV-009.jpg





【パワーコンディショナー】

太陽光が発電するのは直流です。乾電池などと一緒。

ご家庭のテレビや冷蔵庫などで使う 交流100Vに変えてくれるのが
パワーコンディショナーです。そのほか、太陽光発電システム全体の管理役です。

こちらへもつながる配線、配管があるのですが、出来る限り隠してキレイに工事できました!

PV-010.jpg




【モニターの設置】

モニターにはモノクロやカラー、テレビで見れるタイプなど様々です。
当店では、カラー液晶モニター系をオススメしています。


表示は全てリアルタイム。刻々と変化します。
左が発電量
真ん中が現在の電気使用量
右が余った電気の売電量
PV-012.jpg


どうでしょう? 
こうやって目に見えると、
必要ない電気は消して、無駄な電機は節約しよう。って思いますよね。

そして、発電した大切な電気を捨てることなく
他の方に使ってもらう=電気の有効利用につながっていきます。
これが今までと真逆の電気を売る=売電になります。

標準タイプでも発電確認は出来ますが、
節電効果も高く、いろいろ楽しめるモニターもオススメです!





【電気量メーターが追加されます】

先ほどのお話にあった売電を計測するためのメーターです。
発電して余った電気は、電力会社へさかのぼって行きます。
今までのメーターに加えて、逆流用=売電用のメーターがつきます

PV-011.jpg







【太陽光発電システム完成です】

さあ!できました!!太陽光発電システムの完成で〜す♪

PV-014.jpg







【よく見かける残念な工事】

写真はないですが、良く見かけるお急ぎ工事があります。

太陽光パネルがはみ出ているとか、、、
地域特性を知らず積雪地域に、標準架台工事を行うとか、、、
間に合わせの部材を使っちゃうとか、、、
メーカーの基準を守っていない?なんてのは論外すぎて・・全くお話になりません!

一方でメーカーの基準は守られていますが・・・
でも思わず 「う〜ん(+o+)」な顔になっちゃう工事もあります。
PV-015.jpg


一番目立つのが、
北面屋根のど真ん中に、電気配線をべろべろ〜って下がってきて、北側パワコンまでだらしない配線工事。
つながってればイイヤ!っていう業者さまの気持ちが丸見えです。。。

配線処理が丁寧でなく「時間優先」的なのは、ちょくちょく見かけます。
太陽光業界に携わる人が見れば、きっとみんなそう感じるでしょう。。。






【大切なのはお店選びだと思います】
ta_illust_1075.jpg


屋根上の太陽光パネルは設置後、発電が始まります。
「いよいよ発電し始めたのね〜」って感動が大きいと思います。

発電は気になっても
わざわざ屋根に上り、仕上がりをチェックするお客様はあまりいないと思います。

配線用の配管部材なども、
一般の方が見ても、激安工事店さまと当店で使っている高品質の工事部材の違いはわかりにくいと思います。





だからこそ!

地元で長く仕事をしているお店に。信頼できるお店にご相談ご依頼下さい。

もちろん
東京からきました。関西からきましたって遠方の業者様でも
しっかりやっている所はあると思いますが、見分けがつきません。
今まで設置した方の声を聞くのも難しく、
その会社様の地元での評判もわからない事が多いでしょう。

数年後のトラブルの際に、電話したけど会社につながらない・・・なんて恐ろしいです(T_T)
恐ろしすぎます(+o+)
ta_illust_1062.jpg






地元、北信エリアにも、当店を含めて(^_^;) 良い会社さまがいくつもあります。
私たちのように小さなお店から、社員数も多く、施工件数もきっと多いな〜と思う会社様もあります。

その中でシバクサ電器が一番です!なんて恐れ多くて言えませんが・・・
お客様満足度では、きっと上位には食い込めているのではないかと自負しています。

何よりも小さなお店だからこそ!良さを生かして
親切、丁寧、親身になれるアットホームさでナンバーワンでありたいと思っています(^^ゞ

ただ「仕事をこなす」じゃなく、一緒にソーラーライフへの第一歩を楽しみたいと頑張っています(^^)

PV-016.jpg





出来上がったときに
「わ〜発電スタートしたのね〜」
「これで電気できてるんだ?!」
「実感ないけど今、発電した電気使っているのね〜」
そう言われると超ウレシイです!お客様の感動が聞ける現場がやっぱりいいですね!




メーカーもたくさん、販売会社もたくさん。電話もよく来る〜なんて聞きます。
このブログをお読みくださっている方で、ソーラーどうかな?と思ったら
当店に!とは言いません!(本当はすご〜く言いたいですが(笑))

皆さまにあったお店を選んで頂き、わくわくソーラーライフを楽しんで欲しいと思います!

posted by こーちゃん at 00:33| Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

再生可能エネルギーの固定価格買取制度

今回はちょっと固い話を。。(^_^;)

太陽光発電の新制度がスタートしましたので、ちょっとだけ解説を。


ta_illust_2032.jpg
この7月から「再生可能エネルギーの固定買取制度」がスタートしています。
太陽光発電に限らず、いろいろな自然エネルギーの見直しと推進がなされていきそうです!




太陽光発電の固定買取についてお問い合わせが多いです。

まず!わかりにくいのが「買取」の言葉です。
一般のお客様目線からですと、発電した電気を売る事ですので
売電」の事を指します。向こう様からの表現なので買取なんですね・・・




ta_illust_0001.jpg
一般的な住宅で一番多いのが、住宅用(10kw未満)
こちらは
余剰電力(発電後余った電気)を「42円で10年間」で売電できます。

設置にあたり、
政府JPECから補助金 ■県・市町村など自治体から補助金の制度があります。





ta_illust_0016.jpg
会社、工場などがいわゆる全量買取・固定買取
発電した電気は全て「42円で20年間」で売電となります。





ta_illust_0001.jpg
家庭が10年間と不利に感じますが、
実際は、補助金、メーカー保証などがあり、一般家庭の導入には充分なメリットです。



ta_illust_1075.jpg
買取価格は年度ごとに見直されるそうです

今までの感じから行きますと
普及とともに生産量が増えますので、生産コストも下がり
設置費用も徐々に下がっていくと思います。
また同様に補助金や余剰電力買取価格も下がっていくと思います。


そうなんです!早く設置した方が不利にta_illust_1062.jpgならないように・・・

設置コストに合わせて、「補助金・売電」連動しています。

これなら安心できますよね(^^)!holiday007.jpg 



一昨年は
補助金も70,000円/kw、売電48円、設置費用も65万円/kwでしたが

現在は
補助金30,000円/kw、売電42円、設置費用も55万円/kwとなっています。

ちゃんとバランスが取れるような感じになってますよね!



また余剰電力買取価格(今年度は42円)は契約時・設置時に決定しますので安心です。

今年度42円時に設置した方は、例えば来年度の買取価格が下がっても、
ちゃんと10年間は42円が続くと言う事になります。





ta_illust_0005.jpg

政府が自然エネルギーを全力で推進している、いま現在。

新買取制度や補助金もありますし

かなり適切な時期だと思います




ご近所様でも見かけるようになり、いよいよ一般的になった太陽光発電。


先月に続き、
今月もたくさんのお問い合わせがあり

お気軽シュミレーション試算の依頼、設置工事件数も増えています。


少数精鋭の当店では、
臨時増員しながらお客様にご迷惑をおかけしないように

フル回転で対応に当たっています!



フル回転のこのペースがお盆まで続きそうです!大変ありがたいことです。皆様の期待に応えなくちゃ!!


汗かいて、ハリキって頑張りますよ〜♪
facebook200-201110-001.jpg
posted by こーちゃん at 01:12| Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。