2012年12月26日

太陽光発電と冬の積雪 どんな感じ?こんな感じ!

こんにちわ。 太陽光発電サンビスタショップの丸山です。

今日も寒いですね!冬本番って感じです。

長野県北信地方、長野市周辺では
太陽光発電と冬の積雪について」気になるところです。

雪国で太陽光発電はどうなのか?最近は結構たくさんの方から聞かれます。

大雪の時。ガンガンに寒い日が続く時。
屋根はすっぽり雪に覆われてしまいますので
残念ですが・・・発電はしません。

ただ、太陽光発電パネル・モジュールはガラス面で滑りやすいので
晴れて陽射しが当たると、雪が解け始めます。

雪の量、溶け具合は地域差がありますよね。
長野市、千曲市、須坂市、小布施町、中野市、高山村などなど違います。

ほぼ全面に太陽光設置の雪止めナシのお客様。
太陽光発電パネル・モジュール上の雪が滑り落ちる感じになります。
屋根の太陽光発電まわり の実際の写真です。

snow001.jpg

雪を落とすのか?雪止めするか?は
皆さまの住宅ごとに間取りや外回りの環境が違うので一概には言えませんが
少しでも参考になれば幸いです。

シバクサ電器WEBサイトはこちらです。
http://www.shibakusadenki.com/
posted by こーちゃん at 23:12| Comment(0) | 太陽光発電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。